入院案内

HOME > 入院案内 > 入院について

入院について入院について

入院形態により、必要な手続きが異なります。ここでは、任意入院の手続きについてご説明します。

入院手続きに必要なもの

入院手続きの際は、これらのものが必要です。
保険証
保険証
各種受給者証
各種受給者証
印鑑
印鑑

入院生活に必要なもの

入院生活にはこれらのものをご用意いただきます。
下着
下着
寝具
寝具
洗面用具
洗面用具
履物
履物
衣類
衣類

入院費用とお支払い

保証金について
入院時に所定の保証金をご入金いただきます。お預かりした保証金は退院の際に返金または精算いたします。

入院費のお支払い
入院費は月末締めで翌月中旬に請求書を郵送、またはお渡しいたします。お支払い期日は請求月の月末です。退院時には、当日分までをご精算いただきます(精算額は前日にご確認いただくことが可能です)

保険種別一覧
各種保険 保証金 入院料自己負担 食事療養費
社会保険 10万円 3割 1食につき260円
※非課税世帯の方は別途
国民健康保険 3割
高齢受給者証 1割・3割
現役並み所得者
後期高齢者医療被保険者証
各種助成証
入院料自己負担限度(70歳未満の方・高額医療費限度額適用認定申請(※1)をされた場合)
負担区分 1カ月あたりの自己負担限度額
上位所得者 150,000円+(医療費-500,000円)×1%《83,400円》
一般 80,100円+(医療費-267,000円)×1%《44,400円》
低所得者(住民税非課税世帯) 35,400円《26,400円》

※1 高額医療費限度額適用認定とは、長期の入院や治療における医療費の負担を軽減する制度で、1カ月の自己負担額が一定の金額を超えた場合、その超過分が高額療養費として給付されます。現在は、認定されるとあらかじめ自己負担限度額をお支払いただくようになっています。限度額適用認定は保険者に申請の上、限度額認定証を会計窓口にご提示いただきます。


※2 《》内は1カ月あたりの自己負担限度額を超える月が3回あった場合、4回目に該当する金額です。


食事療養費負担(非課税世帯の方)
210円(1食) 入院90日まで(70歳以上の方で左記日数に該当する場合、および区分IIの方)
160円(1食) 入院91日から(70歳以上の方で左記日数に該当する場合、および区分IIの方)
100円(1食) 70歳以上の区分Iの方
室料について(差額ご負担分/1日あたり 消費税込み)
D1病棟  児童精神科病棟 個室 216円
D3病棟 一般個室 2,160円
E2病棟  精神科急性期治療病棟 一般個室 2,160円
E3病棟  メンタルケア病棟 一般個室 1,620円/3,240円/3,780円/4,860円/5,940円
F2病棟 リハビリ(精神療養)病棟 2人室・4人室
216円
一般個室 2,160円
F3病棟 認知症治療病棟 2人室・4人室
216円
一般個室 1,080円
H1病棟  MPU(精神科合併症治療)病棟 4人室
216円
一般個室 2,160円
特別個室 6,48円
H2、H3病棟  EPU(精神科救急)病棟 4人室 216円
開放個室 1,080円

「預かり体制」について

入院中、患者さんのお小遣いや私物の管理を希望される場合の管理料は以下の通りです。
お小遣い預かり管理(口座振替、または現金。) 84円/1日(消費税込み、非課税の方は52円)
私物管理(衣類、身の回り品など) 26円/1日(消費税込み)

次のことをお守りください

病棟に持ち込み禁止のもの
ガラス製品・材質が部分的にガラスの製品、陶器・磁気製品

例)ガラス製コップ、化粧品の瓶、鏡、写真たて、花瓶、陶器製コップ、ガラス製の瓶(インスタントコーヒーなど)
※眼鏡は除きます。


刃物その他鋭利なもの

例)ナイフ、針、剃刀、電気シェーバー、缶切り、フォーク、包丁、爪きり、鼻毛はさみ、裁縫道具、ドライバー及び工具類、傘


コードの着いた家電機器、AV機器、パソコン、その他通信機器

例)携帯電話、コードのあるオーディオ機器、カメラ(あらゆる種類を含む)、コードのある家電製品、ドライヤー、パソコン、無線機、無線LANカード、インターネット接続機器、ポット、電気毛布、調理器具、空調機器(オーディオ機器は電池式で使用時にはイヤホン等で周囲に音が漏れないようにしてください)


可燃性発火物・毒物・劇物・消毒薬・有機溶剤

例)オイルライター(オイルを含む)、詰め替え用ガスボンベ、可燃性液体燃料、芳香剤、固形燃料、殺虫剤、蚊取り線香、ベープマット、ハイター、接着剤、毒物劇物に指定されている薬品(尚当院処方以外のお薬を持ち込む場合は主治医の許可が必要ですので詰所までお申し出下さい)


食品(生もの)、腐食しやすいもの、刺激臭のある食品、アルコール類

例)キムチ、にんにく、くさや、傷みやすい食品(鮮魚、すし、卵など、面会時などはその場で召し上がってもらう分には問題ありません。詰所保存は対応しておりません)、酒類全般
その他上記以外にもスタッフが安全管理上不適切だと判断したものについてはお預かりまたは、家族様に持ち帰ってもらいます。


喫煙について
当院では敷地内完全禁煙としております。ご了承ください。

電話、携帯電話について
病棟内に公衆電話(テレフォンカードのみ)が設置してあります。尚、テレフォンカードは当院の売店でも販売しておりますのでご利用下さい。

携帯電話はお預かりしています。病棟内では使用禁止です。
任意入院(開放)の場合は病棟外で9時~17時まで使用可です。尚夜間は一切貸し出し出来ませんのでご了承下さい。

交通アクセスGooglemaps
お電話:072-278-0381599-8263 診察受付時間 一般外来[心療内科・精神科・内科]午前9 時~午前11 時30 分
患者さんやそのご家族が直面する悩みや問題について解決へのお手伝いをさせていただく専門機関部署です。 tel.072-278-3768
QRコードはこちら
医療関係の皆様へ
採用情報

Copyright (c) 2014 Hannan hospital. All Rights Reserved.

ページのトップへ戻る