入院案内

HOME > 入院案内 > 入院治療について

入院治療について入院治療について

入院治療について

家庭あるいは仕事から離れて休息をとっていただきながら、治療を行います。医師・看護師のほか、作業療法士など各分野の専門スタッフが連携をとって治療とケアにあたり、患者さんの状態を見極めながら早期回復をめざします。

入院治療の流れ

入院
ご本人の意志またはご家族のご希望、法的な措置(医療保護入院、措置入院)など入院形態に沿って入院の手続きを行います。

入院治療
薬物療法・精神療法を中心に、症状に応じて作業療法、レクリエーション、生活指導などを行います。この際、精神症状の強さ等により、必要に応じて通信や行動の制限(閉鎖病棟での外出制限、隔離室の利用、身体的拘束など)をかけせていただくこともあります。
精神医学的療法では患者さんご本人とご家族の協力も治癒のための重要な要素となりますので、ご協力をお願いいたします。

退院
治療に関わった医療スタッフの見解、患者さんやご家族のご意向など、さまざまな角度から判断し、退院の手続きをとっていただきます。

退院後のアフターケア
社会復帰施設やリハビリテーションについてなど、医療福祉相談室の専門スタッフ(精神保健福祉士)が相談をお受けします。また、退院後、阪南病院への通院が困難な場合はご自宅の近くの医療機関をご紹介することもできます。


交通アクセスGooglemaps
お電話:072-278-0381599-8263 診察受付時間 一般外来[心療内科・精神科・内科]午前9 時~午前11 時30 分
患者さんやそのご家族が直面する悩みや問題について解決へのお手伝いをさせていただく専門機関部署です。 tel.072-278-3768
QRコードはこちら
医療関係の皆様へ
採用情報

Copyright (c) 2014 Hannan hospital. All Rights Reserved.

ページのトップへ戻る