阪南病院

光トポグラフィー検査をご存知ですか?

このページでは先進医療である光トポグラフィー検査について、紹介しております。検査が向かないご病状の方もおられます。
受検に際しての注意事項などよくお読みいただきご検討ください。

装置イメージ
  • 検査のポイント
  • うつ病等を数値で見える
  • 身体への負担が少ない検査で楽
  • 診察に検査結果を加えることで迅速、正確性UP
  • 保険診療で検査が可能、安心。
PDFダウンロード
光トポグラフィー装置について

検査の目的

光トポグラフィー検査とは、太陽光の1/3程度の近赤外線を利用し、検査中の、脳の血流変化を測定する装置を用いたものです。
これまで医師の問診のみで行ってきたうつ病の診断を、この装置による「うつ症状の鑑別診断補助」を行う事で、
より確かな診断へ近づけようとするものです。
写真のように、探子のついた帽子のような機器を装着しておこないます。

装置イメージ

検査方法

探子のついた帽子を頭に付けた状態で、いくつかの質問に応えていただきます。(例えば「え」で始まる言葉を言ってくださいなど)実際の検査時間は3分程度、痛みはなく安心して受けていただくことができます。

対象

一般的に成人が対象です。当院では検査手順を理解し実施できれば15歳以上の方にも、反対にご高齢の方でも検査可能です。

費用

3割負担で7,300円です。
(初診料+光トポグラフィー検査+※関連検査を含む金額です。)結果説明の再診時には3,000円程度(再診料+診療情報提供書料)必要になります。

※関連検査:基本的には頭部MRIもしくはCT画像検査が必要となります。

注意事項

この検査はあくまでも補助診断検査です。治療ではありませんので、検査によって病状がよくなることはありません。
また、診断の一致率(うつ病・双極性障害・統合失調症)は約6~8割程度です。
必ず医師の診察のもと、確定診断が必要です。
さらに、病状により検査ができないことや、合わせてCT、MRIなどの検査を行わせていただくことがあります。
 測定状態より計測不良の場合は判定が困難なため、結果がでない場合があります。
 診察の内容によっては、検査をお受けできない場合があります。
診察の内容によっては、保険適応外の検査となる場合がございます。

検査を希望される方

検査には外来受診が必要です。初診の方は、予めお電話のうえ、ご受診ください。
*当日の検査ができないことがあります。また、病状により検査ができない場合や、CTやMRI検査を加えておこなうことがあります。

当院通院中の患者様 ──── 診察時に主治医へご相談ください。
初めて受診される患者様 ── 当院初診を予約の上、受診ください。
他院通院中の患者様 ──── 他院主治医に相談のうえ、診療情報提供書をお持ちください。

予約・お問い合わせ

お電話にてお問い合わせください。
光トポグラフィー実施のための外来診察は、月曜日・火曜日の【午前】に行っております。
受付はいつでも承りますが、初診の方は必ずお電話のうえ、診察予約をおとりください。
医療法人杏和会阪南病院 TEL.072-278-0381
(光トポグラフィー検査にて受診希望とお伝えください。相談員が承ります。)

結果報告

通院、初診患者様・・・約2週間後の再診日に主治医より結果説明があります。
他施設より紹介の患者様・・・約2週間後の再診日に主治医より紹介元の主治医宛の結果報告書を
お渡しするか、郵送いたします。

検査実施の際の注意

検査前日は十分な睡眠をお取りください。疲労は検査に影響を及ぼします。
頭部に検査用の帽子をかぶせます。整髪料はお控えください。
お化粧をされている方は、ふき取らせていただく場合があります。

検査結果イメージ