休憩コーナー

参加を希望する方は

うつ病、躁うつ病、不安障害などの診断を受けている方

病状が回復に向かっている方

午前中から活動を始めることができる方

週2回以上参加できる方

現在、休職中の方

原則として正規雇用の方

デイケア リワークプログラム
【予定期間】開始より3〜6カ月間(目安)
【通所時間】月〜金 9:00〜15:00(昼食有)
【料  金】各種保険、自立支援医療が適応されます。
      自立支援医療については総合受付にお尋ねください。

 

デイケア リワークプログラム

具体的には...

1週間のスケジュール/月:午前デスクワーク・午後ストレッチ/火:午前デスクワーク・午後心理教育/水:午前デスクワーク・午後ストレスマネジメント講座/木:午前デスクワーク、ヨガ・午後ミーティング/金:午前デスクワーク・午後グループワーク

プログラムの流れ

デイケア リワークプログラム ステップ1 1ヶ月〜2ヶ月
通所(週2〜3回)
生活リズムを安定させていきます。
プログラム参加の意義を理解します。
個別作業・運動療法に取り組みます。

 

デイケア リワークプログラム ステップ2 1ヶ月〜2ヶ月
通所(週3〜4回)
疾病への自己理解を深め、
内省するとともに対処法を学びます。
ステップ1に加え集団でのプログラムに参加します。

 

デイケア リワークプログラム ステップ3 1ヶ月〜2ヶ月
通所(週4〜5回)
対人関係のスキルアップを重ね、復職準備を整えていきます。
個別・集団作業へ順応できるよう取り組みます。

 

プログラム開始までの流れ

医療機関→地域医療連携室 または ご本人・ご家族・行政・企業など→医療福祉相談室 →リワーク専門外来に受診→判定会議→オリエンテーション契約・プログラム作成→リワーク支援プログラム開始
グループセラピー室
デスクワーク
文章の作成や要約を行ったり計算作業を行うことで集中力や持続力など基礎的能力を高めます。作業による負担感や疲労感が自覚でき作業能力を回復していきます。またリワークへの通所は会社に通う模擬訓練となり、決められた時間にきっちり通所いただくことで安定した生活リズムを獲得します。
ヨガ
Yogaは心と体の解放感を得るといわれており人間が本来持っている自然治癒力の働きを高める効果があります。姿勢や呼吸法により身体から精神に働きかけ、呼吸をコントロールし自律神経を調整することで、心の健康や安定を図ります。
ストレッチ
うつ症状から不眠や心身疲労、頭痛や肩こりなどの身体の不調が現れことがあります。身体の不調を緩和するために身体の緊張をほぐし、リラックスすることでストレスの軽減や、心身の疲労を回復します。休養中の運動不足や体力の増進、筋肉の柔軟性を高めるなど、活力アップにつなげていきます。
心理教育
精神科医、薬剤師、管理栄養士など多職種によりうつ病等の治療や服薬、食生活や生活習慣などについて疾病教育を行います。疾病教育ではプログラムに参加される方が主体的に治療に参加していただけることを目標とします。また、復職後の再発予防に向けて体調管理に関する基礎知識、コミュニケーション力、対人関係の技術を向上させるなどセルフケア能力を高めていきます。
ストレスマネジメント講座
自身の考え方のクセに気づき、思考の修正や行動変容を試みる認知行動療法、対人関係について考えるアサーションなどの技法を通じて、ストレスにうまく対処していく方法を学びます。(臨床心理士が担当します)
ミーティング
集団の中で対人交流を行い他者の意見を聞くことや他者に自分の意見を伝える練習を行いお互いの悩みや意見を出し合い共有します。相互に支えあう経験から、自分を客観的に振り返りつつ集団での役割や評価を高めることに役立てます。
グループワーク
自分自身の考え方や行動の仕方を理解し、他者とのコミュニケーションの方法を学びながら実践します。ここでは、ロールプレイやサイコドラマなどの心理療法の技法を用い、対人関係を深めながら、他者と協同して作業する感覚を取り戻します。
デイケア リワークプログラム
デイケア リワークプログラム

交通アクセス

地図
当院は敷地内完全禁煙です

自動車

阪和自動車道堺インターから約5分近畿道から来られる方は、
そのまま阪和道を通り、堺インターでおりてください。
( この時、泉北有料道路の分岐点に注意してください)

送迎バス

JR阪和線「津久野」駅より11便/日
泉北高速鉄道「深井」駅、「泉ヶ丘」駅より7便/日

南海バス

JR津久野駅前4番のりば
地下鉄中百舌鳥駅前3番のりば
南海堺東駅前10番のりば   小阪下車徒歩5分

※駅からの所要時間
「津久野」駅、「深井」駅より 車で約10分
「泉ヶ丘」駅より 車で約15分

 

デイケア リワークプログラム